教育啓発活動

愛鳥家さんの適切な飼養に関する知識の底上げを目指した勉強会を定期的に実施しています。

知っておいていただきたい飼養や病気に関することを、TSUBASAシンポジウムやセミナー、愛鳥塾において、日本各地で定期的に勉強の場を提供しています。

このほかにも、愛鳥家さん同士の交流の場、鳥さん同士の交流の場となっていただけるようなイベントも開催していますので、もしよろしければご参加いただけましたら嬉しいです。


やむを得ない事情で、愛鳥さんと一緒に暮らすことができなくなった飼い主さんのために、鳥たちの引き取りを行っています。


里子制度で引き取られた鳥たちが新しい家族と出逢えるために、「人が鳥を選ぶのではなく、鳥が人を選ぶ」をコンセプトに、里親会(MTB:Meet the Bird)を開催しています。


とり村で一生を過ごす、もしくは現時点では里親を探すことのできない鳥たちへのサポートをする制度です。鳥たちのスポンサーになっていただける足長おじさん、お姉さん、お兄さんをお待ちしています。


とり村で一緒にお仕事をしてくださるボランティアさんを随時募集しています。

また、地域の学校施設などからの研修生や体験学習も受け入れています。


TSUBASAの保護施設「とり村」の役割りとご来村者の役割り

様々な理由でTSUBASAにやって来た鳥たちは、どんな境遇の鳥であっても、時期を見てスタッフ以外の人、つまりお客様と積極的に触れ合ってもらうようにしています。

とり村にお越しいただくお客様は言わば、鳥たちのリハビリに大きく一役買っていただいているというわけです。

お越しいただく皆さまには、鳥たちと触れ合っていただくことによって、

●鳥の魅力を知ってもらいたい 

●鳥の適切な飼養を伝えたい 

●鳥に個性があることを実際に触れて感じていただきたい

などの理由があります。

鳥たちにとっても人間を観察してもらい、学んでもらっているという側面もあります。

施設にいる経緯は様々ですが、皆様と接する事で鳥達も人間をもっと好きになってくれたらいいなという願いも込められています。


TSUBASA会員制度

TSUBASAの趣旨にご賛同してくださる会員を募集しています。

※2012年度より、会員制度を見直しました。(詳細は会員制度のページをご覧ください)