アオスー@キビタイボウシインコ

アオスー@キビタイボウシインコ(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 アオスー
種 類 キビタイボウシインコ
性 別 不明
生年月日 不明
引取り日 2016年5月21日

引取り理由

飼い主様の緊急入院(レスキュー

治療歴

肝臓疾患治療中

 

性格

レスキューでの引き取りであったため、年齢等の詳細が分かりません。

「アオちゃん」とお喋りをすることからアオちゃんという名前はわかりましたが、アオちゃんという名前はTSUBASAでも多い名前のため、4番目のアオちゃんとして「アオスー」(スーは4の中国読み)と名付けられました。

性格は、怖がりな面もありますが基本的には明るく陽気なボウシらしい性格をしています。

手にも乗りますが、初めて会う人だと最初は、緊張してしまうかもしれません。

 

移動に対して弱い面を持ちます。

具体的には、些細な環境変化(ケージの置き場所を変える等)で食欲が落ちる事があります。

現在も日々移動しても、緊張しないように練習をしています。

環境変化を減らす取り組みの一つとして、現在はアクリルケージの中でお世話をしています。

詳しくは、直接スタッフにお尋ねくださいませ。

 

治療歴

・肝疾患

・呼吸器疾患

・消化器疾患 の治療を行いました。

現在は、様子を見ながら投薬を中止しています。

薬がなくとも、悪化などは特にしている様子はありません。

 

 

鳥の様子

ちょっぴりシャイですが、一度心を許すと

甘えたな鳥さん。

緊張してしまうで里親会ではお地蔵さんのようになっていることもしばしば。

嫌な時も強く噛むことなく、また撫でるとお返しに指をはむはむしてくれる優しい子です。

テンションが上がると、万歳のように

思いっきり翼を開いて見せてくれます。

「ウワー!」「アオチャーン!」などのおしゃべりは

音量も大きめですが、1羽でいるときに鳴くわけではなく人と一緒に騒ぐことを楽しんでいるようです。

 



現在のおうちです。寒さに弱いという理由よりは、温度変化や環境変化が少しでも少なくて済むように

という意味合いから、こちらを使用しています。

主食は、ペレットですがトウモロコシや枝豆などお気に入りの物をなるべく欠かさず入れるようにしています。


【賃貸住居にお住まいの方】

大型の鳥の里親をご希望の場合は、貸主様に鳥を飼育して良いか、事前に確認と許可を取って頂きますよう、お願い致します。

(ペット不可の物件や、確認を得ずにお迎えをした場合、トラブルの元にもなり得ます。最悪立ち退きや、手放さざるおえない状況に追い込まれることもあるかもしれません)