ヨウムMTB(里親会)

ヨウム里親会とは?

施設にいる7羽のヨウムを対象とした里親会です。

(ヨウムの体調や事情によって変動も有り)

※当日は、ヨウム以外の鳥はご覧いただけません。

なるべく多くの方にご参加いただけるよう、平日と休日の両日開催となります。

 

賢くて繊細で、愛情深いヨウムと一緒に暮らしたい方へ、スタッフがヨウムそれぞれの性格や個性から、ちょっと難しい法律のことまで丁寧にご説明させて頂きます。

 

大型鳥をお迎えするのが初めて、という方も、どうぞお気軽にお申し込みくださいませ。


日時

2018年8月16日(木)/ 8月19日(日)

13:15~15:00

当日はヨウム以外の鳥はご覧いただけません。

施設の一般開放をしていない為、ご予約のない方はご来場いただけません。

 

過去に里親会にご参加いただいた方も、説明会の参加は必須となります。

 

場所

とり村(新座市中野2-2-22)

送迎車・駐車場のご案内はコチラ▶︎

 

定員

30名/日 完全申込制

※応募者多数の場合は、事前のアンケートを元にした書類選考とさせていただきます。

※多くの方にご参加いただけるように、ひと家族3名様までとさせていただきます。

 



イベント内容

 説明会(約30分~45分)

・当日の流れ

・ヨウムという鳥

・ヨウムに関わる法律について

※初参加の方には、別途事前に里親会全体の説明動画をご覧いただきます。

 

面会

当日はケージ越しでのご対面となります。

安全上、ヨウムをケージから出すことはできませんので、ご了承くださいませ。

※体調や様子により里親会に出られないヨウムがいる場合もあります。

 

仮登録(希望制)

気になる鳥さんがいましたら、仮登録を行うことができます。

※当日お迎えすることはできません。

その後、複数回の面会が必要です。


 お願い

~下記の点にご承諾いただいたうえでお申込みくださいませ~

 

・鳴き声について

ヨウムの鳴き声は甲高くよく響きます。おしゃべりの声量が大きい子もいます。

賃貸住宅、分譲住宅にお住まいの方は、貸主様に大型の鳥を飼育して良いか、事前に確認と許可を取って頂きますようお願いいたします。

 

 脂粉について

ヨウムはインコの中でも脂粉(鳥の身体から排出される白い粉)の量が非常に多く、脂粉は人間の体に良いものではありません。

脂粉を吸い続けることにより、将来アレルギーや呼吸器、肺の病気になる可能性もあります。

(空気清浄機やマスクなどを活用し対策を立てることはできます)

 

 性格について

ヨウムだからといって、みんながおしゃべりができるわけではありません。

中には全くしゃべらない子もいます。性格も得意なことも苦手なことも、

それぞれ違うことをご理解ください。

 

法律について

ヨウムはワシントン条約にて国際希少野生動植物種に指定されており、他人に譲渡する(所有権が変わる)際には環境省が発行した「登録票」が必要となります。(里親募集のヨウムたちはすでに取得済み)

そして今年6月、種の保存法が改正され、登録票は決められた期間内に更新手続きをしなければ登録票の機能が失われることになりました。

里親さんになっていただいたら今後必ず行っていただく登録票の更新には、その都度手間とお金がかかります。

また、足にリングのついていない個体にはマイクロチップの挿入が義務付けられました。

詳しくはこちらをご覧ください▶︎

 

 ・1年後の報告義務について

里親さんになっていただいた方には、1年後に里子ヨウムの様子をこちらにご報告いただきます。

報告をしない、または双方話し合いのうえヨウムにとって環境が適さないと判断した場合、TSUBASAからヨウムの返還を求めることもあります。

 

国際希少種に試指定され、人気のある鳥種ではあるものの、ショップで見かけることが少なくなりました。

そのため、多種多様な方がお越しになることが予想されます。

 鳥たちの幸せを選ぶため、今回このようなルールが追加されることをご了承ください。

皆様とヨウムたちの

素敵なご縁が結ばれますように、

どうぞよろしくお願いいたします!

 


お申込みフォーム

<お申込み期間は7月10日13時~7月20日までとなります>

※お申し込みの受付メールは、25日(水)以降にご案内致します。

なお、応募者多数の場合は、事前のアンケートを元にした書類選考とさせていただきますので、ご了承願います。

抽選の結果も合わせて、25日以降にご案内致します。