里親さんからのお手紙@タローちゃん

タロー@キエリボウシインコ

2019年8月にお迎え

 

タローが家に来て早3ヶ月が経とうとしています。

我が家でのホームステイが決まって、お迎えに行った帰りの道中、車内で絶叫したらどうしようという不安をよそに,落ち着いている様子でとっても良い仔で長時間の移動を無事に終え,家に到着しました。

 

帰りが遅かったのですが、移動用ケージから普通のケージに移動させなくてはなりません。

私も不慣れなこともあり、タローをびっくりさせてしまったのか、肩乗りターちゃんとなりました。

状況は兎も角として、初めてタローが肩に乗ってくれたことがとっても嬉しかったことを記憶しています。

飲まず食わずで5時間以上も移動していたので、家について水をがぶ飲みしたことも記憶に鮮明に残っています。

  

 

ホームステイ当初は、ペレットを殆ど食べてくれず体重が安定せず、1日数回もTSUBASAへ報告して指示を仰いだりと本当に苦労しました。

そのような状況のため、予定していたホームステイは延長することとなり、この先どうなるのか不安もありましたが、TSUBASAのスタッフの皆様には一緒に悩んで協力してもらい、体重も安定していき晴れて我が家の仔となることができました。

 

スタッフの皆様のご協力は,本当に心強かったです。本当にありがとうございました。

 

タローとの生活は大分慣れましたが、その中でタローの鳴き声で喜んでいるや怒っている声は聞き分けられるようになりました。

夏に来たので、家庭菜園をやっていることから色々とお野菜を出してみましたが、枝豆とトウモロコシは大好物のようです。

美味しいって可愛い声がたまりません。

いくらでも食べさせたくなってしまいます(我慢していますが)。

毎日タローが歌っていた童謡を歌ってあげるのですが、時々ハモったり、サイドステップでのってくれることもあります。

また,家には先住の仔達(セキセイインコ2羽)がいるのですが、その仔達が部屋を飛び回っても驚くことなく、我関せずという具合です。セキセイ達も怖がることもなく、みんなマイペースに暮らせていることが幸せです。

 

最後に、タローとの出会いはみらくる日記にタローのことが掲載されたことに始まりました。

どんなに可愛がられた仔なんだろうと、とても感動して強く印象に残ったことをことを今でも鮮明に覚えています。

その後ボランティアに行ってタローに初対面した時の感動は言うまでもありません。

その日からずっーとタローが気になり、ボウシインコが大好きになったのは、タローとの出会いがあってこそです。

ボランティアに行く度にタローに会えることが楽しみでした。

そうしている間に月日は流れ、今こうして長年恋い焦がれたタローが家の仔になってくれたことに心から感謝しています。

毎日タローには良く我が家に来てくれたと感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 

 

タローは家の仔にはなりましたが、元の飼い主様、TSUBASAの皆様やボランティアの皆様と沢山の人達に可愛がられたみんなの思いが詰まった大切な仔だと思っています。

高齢のタローがこの先もずっと元気で居られるように、そして幸せに過ごせるように努力していきます。