リー@オカメインコ

リー@オカメインコ(NPO法人TSUBASA)

 

名 前 リー
種 類 オカメインコ
性 別

メス

生年月日 2006年頃
引き取り日 2022年1月31日
引取り理由 鳴き声へのクレームによるもの
治療歴 時々白色便が出るため、消化酵素の投薬を行っています

特徴

TSUBASAに来てからはあまり見られませんが、前のご家庭では一人で鳴き続けることが多かったようです。

元々臆病な性格だったことや、1羽で飼育されていた影響からか、他の鳥の存在が怖いようでTSUBASAに来てからは体重や食欲等、不安定な状態が続いております。

現在も24時間照明をつけてお世話をしています。

パニック時に肩をぶつけて出血することがよくあります。

足の裏が赤くなってきているため、止まり木にクッション材として医療用テープを巻いたり、食事制限を開始しています。

また、時々白色便が出ることがあり、その度に投薬を行っています。

(詳しくはスタッフへお尋ねください)

 


鳥の様子

時々白色便を出すことがあります。

(デンプンが消化できていないために出てくる便です)

出続ける際は消化を助けるために投薬を行います。

足の裏が赤くなっています。

止まり木にクッション材として医療用テープを巻いている他、食事制限も始めています。