※TSUBASAでは定期的(年に2回)、施設内全ての鳥たちを対象に、オウム病(クラミジア:CHL)検査を実施しております。

オウム病を怖がるその前に

 


TSUBASAは、飼い鳥(インコ・オウム・フィンチ)を飼えなくなった方から保護するレスキュー団体です。末永く、鳥と人が一緒に暮らすための啓発活動も行っています。

鳥について学ぶ


鳥と末永く幸せに暮らしていただくこと、それがわたしたちの願いです。

ここでは、飼い主さんにはぜひ知っておいていただきたいことをご紹介させていただきます。

鳥の里親になる


毎月4第土曜もしくは日曜日に開催のMTB(里親会)行っております。

初めての方は必ずご参加の上、説明を受けて下さい。

里親募集中の鳥はコチラ▶︎

鳥の手放しを検討


やむえない事情で鳥の手放しを考えている。

鳥の保護依頼を考えている方はご一読下さい

※当団体は野鳥や家禽を受け入れることはできません。


TSUBASAを支援

当会の活動は、皆様の寄付金・会費で支えられています。皆様の様々なカタチでのご支援をよろしくお願いいたします。


 

 最新のお知らせ 過去のお知らせ▶︎

TSUBASAイベントカレンダー

イベントをクリックすると詳細をご覧頂けます。(イベントページからでもご確認頂けます)

とり村イベント  ←この表記はとり村(TSUBASAの施設:埼玉)で開催するイベントです
外部イベント  ←この表記は外部で開催するイベントです
セキセイインコさん  ←カレンダーに記載されている鳥種は、バードランに遊びに来る予定の鳥さんです