※里親になって頂くには、里親会:MTBのご参加が必要です。

【賃貸住居にお住まいの方】

大型の鳥の里親をご希望の場合は、貸主様に鳥を飼育して良いか、事前に確認と許可を取って頂きますよう、お願い致します。

(ペット不可の物件や、確認を得ずにお迎えをした場合、トラブルの元にもなり得ます。最悪立ち退きや、手放さざるおえない状況に追い込まれることもあるかもしれません)


キャプテン@ヨウム

名 前 キャプテン
種 類 ヨウム
性 別 オス
生年月日 約1990年
引き取り日 2019年12月12日
引き取り理由 飼い主様の病気によるもの
登録記号番号 第180-003427

性格

とても穏やかな性格でカキカキが好きなヨウムさんです。

人が好きで近くに行くと寄ってきてなぜか指をくわえます。

声真似も上手で人の言葉より、カラスや小鳥のさえずりの

ような真似を良くしています。

水浴びも好きで暖かい日はしてあげると喜ぶとおもいます。

オモチャもすきで良く遊んでいます。

少し太り気味なので食事制限が必要になります。

鳥の様子

腕にも乗れますが嚙んでしまうことがあるので、施設では網に乗ってもらっています。

 


里親になって頂くには、里親会:MTBへのご参加が必要です。

続きを読む

ロリタン@キエリボウシインコ

名 前 ロリタン
種 類

キエリボウシインコ

性 別 メス
生年月日 1966年以前
引き取り日 2019年8月1日
引き取り理由

高齢の飼い主様の飼育困難よる

登録記号番号 第190-003471
治療歴 肝臓疾患治療中

性格

54歳以上の女の子です。性格は優しく、おっとりとしています。

特に女性が好きで、女性の声に良く反応しておしゃべりして

機嫌がいいとカキカキもさせてくれます。

ひまわり食だったので肝臓が悪く現在も治療中です。

現在はオールペレット食になっています。

高齢ということもあって握る力が弱いので止まり木などは

滑りにくい工夫が必要です。

よくおしゃべりをして元気ですが、寒いと稀に血便をしてしまうこともあるので暖かくする

必要もあります。

鳥の様子

まだ練習中ですがパーチに乗って放鳥することも出来ます。

 


里親になって頂くには、里親会:MTBへのご参加が必要です。

続きを読む

チャイナ@オオハナインコ

チャイナ@オオハナインコ(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 チャイナ
種 類

オオハナインコ

性 別 メス
生年月日 1995年生まれ
引き取り日  2019年9月17日
引き取り理由 飼い主様のご事情により
治療歴

右足に骨折による変形あり(引き取り前)

呼吸器疾患の治療歴あり。

性格

もふもふの見た目とずんぐりした体、そしてあまり動かない様子から、

まるでぬいぐるみのようにも見えてしまうチャイナちゃん。穏やかで、とても優しい性格をしています。

おしゃべり上手で不規則にいろいろな音マネを披露してくれますが、大きく叫ぶことも頻繁にあります。

前のご家庭での骨折の名残で右足が少し不自由です。全体的に足の握力が弱く、

手や止まり木を握ってとまる、というよりも、平たいところに乗る方が楽なようで

手に乗せる時も両掌を水平にして差し出すと、そこに乗ってくれます。

ですが掴まる力が弱いので、高さのある場所からの落下には注意が必要です。

基本的にはあまり動かずじっとしていることが多いのですが、ご飯の時にははやく食べたくて

ソワソワとよく動く食いしん坊な一面も。とくに果物やおイモなどが好物です。

手に対しては乗り物という認識しかないのか、撫でたり触ろうとするとすぐに怒られてしまいます。

背中に頬ずりするのは許容してくれるので不思議ですが・・・。

保定時に呼吸の乱れがあったため、呼吸器疾患の投薬歴があります。

詳細はスタッフまでお尋ねください。

鳥の様子

手で触られたりなでられたりは苦手ですが、

背中に顔をくっつけることに対して寛容です。

 

 

お天気のいい日は水浴びを好みます。


続きを読む

クルトン@クルマサカオウム

クルトン@クルマサカオウム(認定NPO法人TSUBASA)
名 前

クルトン

種 類 クルマサカオウム
性 別 オス
生年月日 1999年の時点で成鳥
治療歴

肝臓疾患(治療終了)

副鼻腔炎により左の鼻が塞がる

両翼の内側が出血しやすい 

性格

ごく稀に頭を触らしてくれますが、基本的には極度に怖がりやすい性格をしています。

特に過去の治療の経験から、保定に対する恐怖は凄まじく、羽から出血するほどケージ内で暴れてしまいます。

その影響もあってか、人が近づいたり手を出したりすると、冠羽を広げて大きな声で威嚇してきます。

手には乗りませんが網に乗せて放鳥することはできます。

ただしその際にも暴れることがあるため、無理強いはせず注意が必要です。

必ずではありませんが、パーチに乗って体重を測ることができます。

食欲があり、ヒマワリなどが好きなのでトレーニングにはとても積極的に参加してくれます。

ですが、肝臓疾患を患っていたこともあり、与えすぎには注意が必要です。

 

治療状況と注意点

・肝臓疾患を患っていました

現在は治療が終わっていますが、また悪くならないようにヒマワリや麻の実などの高カロリーなものを控えて、食事の内容に気を付ける必要があります。

 

・副鼻腔炎により治療していました

完治したわけではありませんが、生活に支障が出ないところまで回復したため、現在治療は終了しています。

重度の副鼻腔炎により左鼻孔は皮膚に埋もれています。

今後も呼吸器の感染症にならないよう注意が必要です。

 

・両翼の内側が出血しやすいです

保定をする際や怖がっている時などにとても激しく暴れる子で、両翼の内側を怪我しています。

現在はかさぶたになっていますが、悪化させないために工夫が必要です。

現在は暴れても衝撃を和らげるために、ケージの内側に新聞紙を貼り付けることと、止まり木をロープパーチにしています。

 


里親になって頂くには、里親会:MTBへのご参加が必要です。

続きを読む

ティアラ@クルマサカオウム

ティンクル@クルマサカオウム(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 ティアラ
種 類

クルマサカオウム

性 別 メス
生年月日 1999年の時点で成鳥
治療歴

右翼の骨折有り

動脈硬化

右第3趾,4趾と左第2,3趾欠損

性格

 

元々ティンクルと一緒に暮らしていましたが、発情による喧嘩により大怪我をしたため、現在は別々に過ごしています。

喧嘩などで足の指の一部が欠損しており、足の握力がありません。

手には乗りませんが、糞切り網には乗れるため、ケージから出して放鳥することは可能です。

ただし飛ぶことができない事と、足の握力が無いため、高い場所からの落下等の事故にならないよう、注意が必要です。

人が好きというタイプではないことと、臆病な性格でもあるため、ゆっくりと距離を縮めてもらえる接し方が望ましいです。

 

鳥の様子

右足と左足それぞれ一部が欠損しており、足の握力がありません。

 

手には乗りませんが、糞切り網の上に乗ることができるため、移動が可能です。

ただし、移動中に落下しないよう注意が必要です。

 


人が近づくと、大体威嚇してきます。 


続きを読む

ルパン@キビタイボウシインコ

ルパン@キビタイボウシインコ(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 ルパン
種 類

キビタイボウシインコ

性 別 メス
生年月日 2001年2月
引き取り日 2020年1月25日
引き取り理由 飼い主様のご家庭の事情により

性格

元気で活発な女の子で、とても人のことが好きな鳥さんです。

女性よりも男性のほうが好きなようです。

手に乗ることもできますが、気分次第では乗ってくれないこともあります。

すぐ肩に乗りたがりますが、肩に乗った時に耳を咬む可能性があるので注意が必要です。

元々、ケージの中にいる時間が短かったため、放鳥は好きなようです。

ご飯を変えようとして扉を開けると、自分から出てこようとします。

一度、外に出るとなかなかケージに戻りたがらない事が多くみられます。

声をかけたり口笛を吹いてあげると、とても喜んで口笛を吹き返してくれたりと

可愛らしい一面も見ることが出来ます。

鳥の様子

 


里親になって頂くには、里親会:MTBへのご参加が必要です。

続きを読む

はるか@ヨウム

はるか@ヨウム(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 はるか
種 類

ヨウム

性 別 オス
生年月日 2002年12月1日
引き取り日 2019年9月16日
引き取り理由 飼い主様の呼吸器疾患により
登録記号番号 第170-002802号

性格

怖がりですが、好奇心旺盛な鳥さんです。

頭を撫でられることは好きですが、強く咬むこともしばしば…。

段ボールや空き箱など、おもちゃを破壊するのが好きなようで、

おもちゃを入れた後は細かくなるまで遊んでいます。

おしゃべりも好きなようで、口笛のような音や「こんにちは」など

モゴモゴとお話している姿を見かける時も。

パーチに乗ることもできますが、気分がのらないとなかなかパーチに乗ってくれません。

放鳥の際の移動中に急に飛んでしまうことがあるので、

お家での放鳥の際などはすこし注意が必要です。

鳥の様子

 


里親になって頂くには、里親会:MTBへのご参加が必要です。

続きを読む

ミナト@オオハナインコ

ミナト@オオハナインコ(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 ミナト
種 類

オオハナインコ

性 別 メス
生年月日 2002年1月13日
過去の病歴 肝臓と腎臓の治療済み

性格

千葉に施設があった時代に生まれた子です。

男性に対しては甘えてきますが、

女性に対しては攻撃をすることも有ります。

時々けたたましい鳴き声で叫び続けることがあります。

太りやすく、発情しやすい体質のため、食事制限をしています。

そのためか、木材や紙類などを飲み込むことがあるため、

設置するオモチャには注意が必要です。

また食道に傷があることから考慮して、ペレットを粉にしたり、

細かく刻んだ野菜や果物を中心とした食生活を送っています。

(詳細は直接お尋ねください)

 

鳥の様子

手には乗りますが、女性だと噛み付いてしまうことがあります。

 

 

水浴びが好きです。

水浴び後は、なんだか恐ろしい姿になります(苦笑)

左右の肩に異常羽(黄色い羽)があります。

胸部も毛引き、毛かじりがあります。

時期によっては毛引きが激しくなったり、落ち着いたりします。



続きを読む

ペリー@キバタン

ペリー@キバタン(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 ペリー
種 類

キバタン

性 別 オス
生年月日 1973年の時点で成鳥
引き取り日 2018年10月20日
引き取り理由 ご高齢の飼い主様の施設入居により

性格

甘えん坊でかまって欲しがりのペリーさんは、引き取り当初は誰に対しても心を開いてくれませんでした。前のご家庭でも、ずっと一緒にいた飼い主様だけにしかなついていなかったようです。ところが施設にきてからたくさんの人と接し、その警戒心が徐々にとけてきたようです。今では嬉しそうに頭をなでられて、

人の気をひこうといたずらをするまでになりました。表情も、とっても優しく穏やかになりました。

もちろん大きな声で呼び鳴きしたり、たまにガブリもありますが、愛嬌のある素敵な鳥さんです。

まだ腕に乗ることはできないので、現在はアミに乗せたりタオルで包みながら放鳥の練習に励んでいます。

おもちゃや箱を壊して遊ぶのが大好き。

鳥の様子

 

 

 

 

 

頭をなでられて、

ご満悦な様子

続きを読む

ティンクル@クルマサカオウム

ティンクル@クルマサカオウム(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 ティンクル
種 類

クルマサカオウム

性 別 オス
生年月日 1999年の時点で成鳥

 

 

性格

 

好奇心旺盛なティンクルは、とにかく遊ぶのが大好きです。紙箱、段ボール、木材、

紙コップや松ぼっくりなどなど、なにかしらケージに入れておくと嬉々として

破壊します。怖いもの知らずなティンクルですが、人に対しては少し距離をとりがち

です。急に近づいたり手を出すと逃げてしまいますが、何もしなければ逆に気になる

ようで自分から近づく天邪鬼な一面もあったりと、一緒にいて楽しい鳥さんです。

もちろん人のことが嫌いではありません。パーチに乗ることができるので、体重測定や放鳥が比較的容易にできる子です。昔は同居していたティアラという彼女がいましたが、たびたびティアラのことを攻撃するので別居となり今に至ります。
飛ぶことができないので、放鳥中は注意が必要であることと、施設でもよく壁をかじるのでご家庭でも気をつけなければなりません。

 

 

鳥の様子

 


おもちゃで遊ぶ様子。楽しそうでなによりですが、お掃除は大変です。

続きを読む

チャコ@コキサカオウム

認定NPO法人TSUBASA
名 前 チャコ
種 類

コキサカオウム

性 別 オス
生年月日 1978年頃
引き取り日 2019年3月19日
引き取り理由 飼い主様のご高齢のため
登録記号番号 第190-000234号

性格

人が好きで甘えん坊な性格の持ち主です。

頭をカキカキされることも好きです。

手には乗りませんが、

フン切り網には乗ってくれるので、ケージから出すことができます。

構ってもらえないと、甲高い声で叫び続けます。

毛齧りをしていますが、悪化している様子はありません。

ただし、暇な時間が多いと羽を弄るようです。

オモチャを壊すのが好きで、オモチャを与えている間は夢中になるので、

絶やさない方が良いかと思います。

鳥の様子

 

手には乗りませんが、フン切り網には乗ってくれるため、放鳥が可能です。



続きを読む

ルリ@ルリコンゴウインコ&カタリーナ@カタリナコンゴウインコ

2羽でのお迎えが条件となります。

ヨウム、オカメ、白色オウム類がいるご家庭のお迎えはお断りします。

  現在鳥を飼育していないご家庭が理想です。

  上記外の種類の鳥を飼われている場合は要相談。 

名 前

ルリ

種 類 ルリコンゴウインコ
性 別 メス
生年月日 1997年5月15日
治療歴 肺過敏症候群の疑いが強く、脂粉による呼吸器疾患有り
名 前

カタリーナ

種 類 カタリナコンゴウインコ
性 別 オス
生年月日 1997年3月29日

 

性格

仲良しコンゴウ夫婦です。

過去には仲睦まじく子育てした過去もあります。

放鳥しているときは、お互い羽繕いをし合うなど、

くっ付いて過ごすことが多いです。

ルリは手に乗りますが、カタリーナはパーチにしか乗りません。

人に慣れていないわけではありませんが、

2羽でいるときに近づくと、攻撃されることが多いです。

壊すことがとにかく好きです。

特にカタリーナの破壊力は凄まじく、

過去には金属のトタンを破壊したこともあります。

破壊力を考慮し、ケージも丈夫なものであることと、

脱走できないようにする注意が必要です。

 

注意点

ルリ:肺過敏症候群の疑いが強く、脂粉による呼吸器疾患有り

ヨウム、オカメインコ、白色オウム類などの脂粉により、

呼吸器疾患を発症します。

過度の興奮や運動により、喘息症状を引き起こすため、

そういった状況にならないよう注意が必要です。

(この症状に有効な治療はありません)

また、ホコリ等の浮遊物への感受性が高いため、十分に換気をすることと、

空気清浄機も必須となります。

 

普段は仲の良い2羽ですが、時期によって攻撃的になることがあります。

現在はケージは別で過ごしており、放鳥時のみ一緒にしますが、

それでも攻撃的になる際は、別々で放鳥をする、隔離をする必要もあります。


続きを読む

フジ@キソデボウシインコ&キィ@キホオボウシインコ

2羽でのお迎えが条件となります。

名 前

フジ

種 類 キソデボウシインコ
性 別 オス
生年月日 1999年
治療歴 左足第2趾、4趾欠損
名 前

キィ

種 類 キホオボウシインコ
性 別 メス
生年月日 1997年7月9日

 

性格

気が強く、騒がしい2羽です。

パーチには乗りますが、人には慣れていないです。

人が近づくと、甲高い声で騒ぐことがあります。

そうでなくても、騒がしく鳴き続けることがあるため、

防音対策は必須です。

放鳥中によく飛び回ります。

他の鳥に対して攻撃的になることがあります。

2羽で暮らしているものの、

べったりとした関係ではありません。

適度な距離感を保ちつつ、

飛び回るキィの後を、フジが着いて行くいくことが多いです。

 

注意点

現在は一緒の空間で過ごしていますが、

キィの発情が強い際(攻撃的になる、産卵する)は、

互いを隔離する必要があります。


続きを読む

ルー@ヨウム

名 前 ルー
種 類

ヨウム

性 別 メス
生年月日 2001年2月
引取り日 2018年7月2日
引取り理由 飼い主様の海外出張
登録記号番号 第170-00517号

性格

元気でよく動くとても活発なヨウムさんです。網に乗って放鳥をすることができます。
放鳥時はほかの鳥たちに興味津々でよく自分から近づいていき、
嫌がれるとある程度の距離を保ちますがその後も行きたそうにウロウロとしています。
人のことが好きで、相性のいい人だと頭を撫でさせてくれることがあります。
強く噛むことはあまりありませんが、人によっては強く噛んでしまうことも…。
発情の強い子でもあり、卵を産んだこともあるので過度な接触をしてしまうと
発情を促してしまうので注意が必要です。
また、ケージ内ではよくおしゃべりをしています。
「ルーちゃん」と自分の名前を連続でおしゃべりしていることが多いです。
そのほかにも効果音のような音など、たくさんの音を出すことが得意です。

鳥の様子


毛引きは継続していますが、少しずつ生えてきています。(2019年1月現在)

続きを読む

ピンキー@オオバタン

みぃ@オカメインコ(認定NPO法人TSUBASA)
名 前

ピンキー

種 類

オオバタン

性 別 オス
生年月日 1972年
引取り日 2018年6月16日
引取り理由 鳴き声による近隣トラブル
登録記号番号 第150-00233号

性格

紙袋や段ボールなどで遊ぶことが好きで、ケージに入れてあげると細かくちぎって遊んでいます。
人に声をかけてもらうことも好きで口笛を吹いてあげると
似たような音を出して返事をしてくれる時があります。
頭を撫でさせてくれる時もありますが、噛みに来ることもあるので少し注意が必要です。
TSUBASAでは大型ケージ用の網に乗ることができるので、網に乗せて放鳥をしています。
他の鳥にも興味があり、放鳥の際は周りの鳥さんたちのことを気にしています。
おもちゃがなく、人にもかまってもらえなくなると甲高く大きな声で呼び鳴きをするので
お家で飼われる際は対策が必要です。

動画にすると小さめに感じます。本物の絶叫はぜひ施設で聞いてご確認下さい。

防音をしないと、会話が困難なほど大きな声も出ます。


続きを読む

トラ&サクラ@クルマサカオウム

2羽でのお迎えが条件となります。

名 前

トラ

種 類 クルマサカオウム
性 別 オス
生年月日 1996年頃
名 前

サクラ

種 類 クルマサカオウム
性 別 メス
生年月日 1998年4月19日

 

性格

仲の良いクルマサカオウムのペアです。

トラは好奇心旺盛でイタズラ好きで、物怖じしない性格です。

他の鳥のケージを開けたり、人の背中に突然しがみ付いてくることがあります。

サクラは少し臆病なところがあり、

人が近づくと威嚇をしてくることがあります。

サクラは目の周りが少し剥げていますが、

過去にトラと大喧嘩をした際の後遺症で、

羽が生える様子はありません。

トラも最近顔の一部が剥げてきているため、

2羽の喧嘩、攻撃性に注意する必要があります。

2羽とも人といるより、2羽同士で過ごす方が好きです。

トラは飛ぶのが上手ですが、サクラは少し飛ぶのが覚束ないです。

トラの後を追うようにサクラも必死に着いていきます。

 

注意点

過去に大喧嘩により、トラがサクラを執拗に攻撃した事があります。

現在は一緒の空間で過ごしていますが、

発情のシーズンはお互い攻撃的になりやすいため、

状況によっては隔離が必要です。


続きを読む

ピーコ@モモイロインコ

みぃ@オカメインコ(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 ピーコ
種 類

モモイロインコ

性 別 不明
生年月日 2009年
引取り日 2017年3月17日
引取り理由 飼い主様のご病気

性格

とても元気がよく、人にかまってもらうことが大好きですが、すこし興奮のしやすい鳥さんです。
おしゃべりが得意で「こんにちは」や「ばいばい」など、色々なおしゃべりをしてくれますが、時折、とても大きな声で鳴くことがあるため、鳴き声の対策が必要です。
また、興奮してしまうと噛んでしまうことも多く見られます。
ですが、ピーコ自身が好きな人に対しては甘えん坊で、撫でさせてくれたり、可愛い仕草を見せてくれることも。

鳥の様子

ピーコの雄叫びの様子です。

興奮したり、人に構って欲しい際に甲高い声で叫びます。

連続して叫び続けることもあります。


続きを読む

ヨウヨウ@ヨウム

認定NPO法人TSUBASA
名 前 ヨウヨウ
種 類

ヨウム

性 別 オス
生年月日 2000年
引取り日 2015年6月1日
引取り理由 飼い主様の高齢によるもの
登録記号番号  第170-006726号

性格

人より鳥が好きな子です。

特にヨウムが大好きで、他のヨウムに近づいては、無理やり頭をカキカキしてきます。
ボウシインコと一緒に暮らしていたため、ボウシインコとも相性が良いかもしれません。
手には乗りませんが、パーチには乗ってくれます。
放鳥の際はよく床を歩いています。
床にいる時に近づきすぎると、足を噛みに飛びかかることがあります。
お喋りはあまりせず、電話やチャイムなどの機械音の方が得意なようです。

大食漢であるため、食事量の制限も必要となります。 

 

手には乗りませんが、パーチには乗ります。
手には乗りませんが、パーチには乗ります。
エスカレートすると、他のヨウムに吐き戻しをします。
エスカレートすると、他のヨウムに吐き戻しをします。

ヨウヨウ(右)が空(左)に近づく様子。

空はヨウヨウのことを鬱陶しがっています(苦笑)

続きを読む

もみじ@アカビタイムジオウム

文架@文鳥(認定NPO法人TSUBASA)
名 前

もみじ

種 類

アカビタイムジオウム

性 別 オス
生年月日 2006年頃
引取り日 2016年12月14日
引取り理由 飼い主様の健康上の理由

性格

人との相性によって左右されます。
相性の良い方(主に女性が多いです)の場合は手に乗ったり、甘えてきますが、
相性が悪いとケージ内から威嚇し、餌を投げてきたり、床に下ろしたときに足を追いかけ回すことがあります。
里親候補様には、実際にケージから出したときのもみじと対面していただけますので、
その時の様子などを見ていただく時間を設けます。
積極的にケージから出るタイプではありませんが、ターゲットトレーニングによる誘導等で、コミュニケーションが取れます。

相性が良ければ、手に乗ったり、甘えてきます。
相性が良ければ、手に乗ったり、甘えてきます。

続きを読む

アオスー@キビタイボウシインコ

アオスー@キビタイボウシインコ(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 アオスー
種 類 キビタイボウシインコ
性 別 不明
生年月日 不明
引取り日 2016年5月21日

引取り理由

飼い主様の緊急入院(レスキュー

治療歴

肝臓疾患治療中

 

性格

レスキューでの引き取りであったため、年齢等の詳細が分かりません。

「アオちゃん」とお喋りをすることからアオちゃんという名前はわかりましたが、アオちゃんという名前はTSUBASAでも多い名前のため、4番目のアオちゃんとして「アオスー」(スーは4の中国読み)と名付けられました。

性格は、怖がりな面もありますが基本的には明るく陽気なボウシらしい性格をしています。

手にも乗りますが、初めて会う人だと最初は、緊張してしまうかもしれません。

 

移動に対して弱い面を持ちます。

具体的には、些細な環境変化(ケージの置き場所を変える等)で食欲が落ちる事があります。

現在も日々移動しても、緊張しないように練習をしています。

環境変化を減らす取り組みの一つとして、現在はアクリルケージの中でお世話をしています。

詳しくは、直接スタッフにお尋ねくださいませ。

 

治療歴

・肝疾患

・呼吸器疾患

・消化器疾患 の治療を行いました。

現在は、様子を見ながら投薬を中止しています。

薬がなくとも、悪化などは特にしている様子はありません。

 

 

鳥の様子

ちょっぴりシャイですが、一度心を許すと

甘えたな鳥さん。

緊張してしまうで里親会ではお地蔵さんのようになっていることもしばしば。

嫌な時も強く噛むことなく、また撫でるとお返しに指をはむはむしてくれる優しい子です。

テンションが上がると、万歳のように

思いっきり翼を開いて見せてくれます。

「ウワー!」「アオチャーン!」などのおしゃべりは

音量も大きめですが、1羽でいるときに鳴くわけではなく人と一緒に騒ぐことを楽しんでいるようです。

 


続きを読む

モモ@モモイロインコ

モモ@モモイロインコ(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 モモ
種 類

モモイロインコ

性 別

オス

生年月日 1995年頃
治療歴

ケガにより、左目から流涙することがあります。

現在も、涙腺が詰まっているため、目の周りに涙がたまることがありますが、投薬はせず様子観察としています。

特徴

人に構って貰うことが好きで、「モモちゃん」や「こんにちは」等のお喋りや、「ゴホンゴホン」と咳のマネをして気を引こうとしてきます。

女性のことが特に好きで、女性に構ってもらった後に男性が近づくと、嫌がることがあります。
嫉妬深いところもあり、女性に近づく男性や、女性に構って貰っている鳥を襲うこともあります。
特に、発情している時や興奮時に、かなり攻撃的になります。
足に向かって執拗に攻撃をしたり、顔に飛びかかることがあるので注意が必要です。
タバコの匂いがついた方を襲うこともあります。
寒さに弱く、冬場は鼻水が出ていることがあります。
大食漢で太りぎみであるため、食事制限が必要です。

 

ケガにより涙腺が詰まっているため、涙が出ることがあります。

今後、改善するかどうかは分かりません。

痛みなどはなく、そのまま普通に生活をすることができます。

若干、目の下の羽がパサパサになったり濡れてしまうこと以外は、

問題はありません。

家族に迎えていただく場合は、健康診断の際に獣医師に伝えていただき

定期検査などで診ていただくと安心です。


鳥の様子

続きを読む

COCO@ウロコボウシインコ

COCO@ウロコボウシインコ(認定NPO法人TSUBASA)
名 前 COCO
種 類

ウロコボウシインコ

性 別 オス
生年月日 1980~1985年頃
引取り日 2015年6月1日
引取り理由 飼い主様のご高齢によるもの
その他

右目が白内障(生活に支障なし)、腹部に脂肪の塊有り

肝臓疾患治療済み、肝臓疾患治療中

性格

普段は物静かで大人しい子ですが、時折甲高い声で叫ぶ時があります。

手にも乗りますが、積極的ではなく、乗る人も限定的(男女問わず)なところがあります。

右目が白内障ですが、特に現在は治療はしておらず、生活に支障はありません。

下腹部に脂肪の塊が有り、現在食事量を制限しています。

現状は維持していますが、これ以上悪化させないためにも、今後も食事制限が必要になるかと思います。

 

白内障の右目。

全く見えないわけではないようです。

COCOが鳴いている様子。

普段は物静かですが、時々甲高い声で叫ぶことがあります。

続きを読む