里親さんからのお手紙@メリー

メリー@シロビタイムジオウム

メリーちゃんの様子ですが、以前のような大絶叫はなくなり、一人でおもちゃで遊んでくれることも増えました。

そして以前、猫が近くに居た生活だったのか「ニャーゴ」と鳴きます。

「ガァー、ガォー」より声が響かないので、 その呼び鳴きの時に対応するようにしたら、今では「ニャーゴ、ニャーゴォーン」と呼び鳴きをしております。

また、相変わらず膝の上が大好きで、これまた猫のように甘えています。

水浴びに夢中になっているところを見つけられて驚くメリーちゃん
水浴びに夢中になっているところを見つけられて驚くメリーちゃん
ハイビスカスを覗くメリーちゃん
ハイビスカスを覗くメリーちゃん

就寝直前。お眠のメリーちゃん
就寝直前。お眠のメリーちゃん

クラシックが好きです!
クラシックが好きです!
ワーグナーのアリア集がお気に入り♪
ワーグナーのアリア集がお気に入り♪


(2017年追加のお手紙をいただきました。)

 

こんにちは、ご無沙汰しております。

先週の5月23日で、メリーちゃんが我が家に来てから

丸2年が経ちました。

 

お陰様で、メリーは元気で、さらに声色も増え、表情豊かになって、

加えて意思疎通がお互いに深まったことで、落ち着いて暮らしています。

 

テレビを一緒に見ていると、頭をのけ反らせて「アハハハッ」と大笑いしてくれたり、

最近のお気に入りの音楽はエンヤで、特定の曲が流れるとリズムに合わせて踊ってくれます。

(いつか動画に撮ってお届けしたいです)。

そして、相変らずに、膝の上や腕の中で甘えんぼうをしています。

 

日々、メリーという一個の人格(鳥格?)が際立ってきて、

鳥さんというよりも、メリーという家族の一人と暮らしていると実感しています。

発作のお薬はまだ毎日続けていて、1か月程前にごく軽い発作がありましたが、

まずまず元気でいてくれて、油断は禁物なものの、本当に嬉しく思っています。




(2018年6月追加のお手紙をいただきました)

メリーを我が家にお迎えして、先月23日で丸3年が過ぎ、4年目に入りました。

お陰様で、メリーはとても元気にしております。先住のオカメインコのメイプルとも、

適度な距離感で平和に暮らしています。

病院が大嫌いで震えだすので困りますが、過日やっと動物病院に連れて行くことが出来て、

3年間飲み続けていた発作のお薬をやめました。

1ヶ月程経ちますが落ち着いていて、油断は禁物なものの、ホッとしています。

最近のメリーは、さらに、沢山の声色と言葉のレパートリーが増え、豊かなコミュニケーションで、

私たちとの意思疎通が深まっています。

今はもう、3年前に我が家に来た時のような、大絶叫で呼ぶことはありません。
呼び鳴きといえるものはあるものの、それぞれ、「お腹空いた」「ヒマワリ欲しい」「遊ぼうよ〜」

日差しよけの布をケージにかけて」「もう寝たいからお部屋の豆電球消して」

眠る前にもう一度会いに来て」などなど、メリーが呼ぶ明確な理由が分かり、それなりに

対処をしますと、とてもお利口にしています。

また、我が家では全くこの言葉を使っていないのに、前の飼い主様の時代の影響でしょうか、

一年程前から、女性で私だけを「ママ!」「ママー!!」と呼び始めました。

そして、相変わらずの甘えん坊で、胸に抱きしめてもらって眠るのが大好きです。

あるいは膝の上で私の指を甘噛みしながら、クゥーンと鳴きながらうたた寝をしています。

外見は鳥さんですが、その形状の違いを全く忘れる or 気にならない位、メリーは私たちにとって完全なる家族となりました。

個性的で感情豊かなTSUBASAの鳥さん一羽一羽に、良い出会いがありますよう祈っております。