セキセイインコ6羽のレスキュー

レスキュー後の鳥達の様子
レスキュー後の鳥達の様子

実施日:2017年7月20日

場所:千葉県千葉市稲毛区

鳥種・羽数:セキセイインコ6羽

理由:ご友人からの依頼(高齢の飼い主様の入院)

 

■経緯

6/9

飼い主様のご友人であるA様からのご相談の連絡。

飼い主様は2年前にセキセイインコを6羽お迎えしたが、1年前から癌で入院するようになった。

飼い主様には近所に住んでいる家族がいるが、家族の方は鳥に対して興味がなく、お世話をする気がない(A様がいなければ鳥たちを保健所へ連れていくか、外へ逃がすつもりとのこと)。

 

 

A様はご家庭の事情で鳥たちをお迎えすることができないため、飼い主様が入院している間はA様が飼い主様のご自宅まで毎日通い(片道1時間半)でお世話をしている。

飼い主様やA様に何かあれば、飼い主様宅にいる鳥たちがどうなってしまうか分からず、またA様の方も体力的に限界が来ており、レスキューをお願いできないかという相談でした。

事前の検査や、施設まで連れてくることはできないということでしたが、飼い主様からA様へ所有権を移行して頂き、引き取り前に検査を行う形でレスキューを進めることにした。

 

7/3 

飼い主様のご自宅へ伺い、6羽分の検体を採取し、検査に出す(PBFD、BFD、CHL)。

 

A様が毎日お世話をしていたこともあり、環境は清潔ではあったが、1羽は疥癬があった。


 

疥癬(かいせん)とは?

 

ダニによる病気。顔や足にコブができます。特効薬があり、投薬で完治が可能です。

人間にはうつりません。

疥癬があったセキセイ(ポン)
疥癬があったセキセイ(ポン)

7/20

引き取り後、検疫室へ搬入。

 

———

 

鳥達を引き継ぐべきご家族がいたにも関わらず、このようなレスキューが起こってしまったことは、とても残念なことです。

飼うことができないなら、誰かに相談をする、もしくは里親を探す等の対応ができたはずですし、その責任があったはずです。

もしもの時に家族がいたとしても、引き継ぎの話し合いが出来ているかの大切さを感じたレスキューでした。

このようなレスキューが二度と起こらないことを願うばかりです。

 

そして、今回のレスキューはご友人であるA様のおかげで、6羽の命を救うことができました。

A様のご尽力に深く御礼申し上げます。