里親さんからのお手紙@タオ

タオ@キエリボウシインコ

2019年4月にお迎え

バーチャルMTB(遠方型里親会)を経て、新しい家族と巡り会ったタオちゃん。

里親さんから、遠方型里親会でのご感想と里親さんからのお手紙の寄稿を頂きました!

タオさんがわたし達のところに来て

ひと月半になりました。おかげ様で、

本当に楽しく過ごしています!
とくに夫がタオさんにメロメロで、

笑いの絶えない毎日です。
とり村のボランティアと愛鳥塾で学んだことが、本当に役立っています。

その後タオさんは、粟穂が大好きなことが判明し、粟を小玉に切り分けて、ヒマワリの代わりにおやつにあげたりしています。殻をひと粒ずつ剥いて食べているので、かなり時間がかせげます。


粟とペレットをちょっぴり入れた紙の手づくりオモチャも大好きです。
庭のイヌムギやハコベなども摘んできてあげると、おそるおそるかじっています。
日なたぼっこも毎日15分ずつしていますが、これはそれほど楽しくなさそうです。

霧吹きで水をかけてみますが、今のところこれもあまり好きではありません。
相変わらず福知山音頭は大好きです!

 そして、ついに5日ほど前からケージから

出てくるようになりました!
遅くなりましたが、今日ようやく体重を

量れました!564gでした!

昨日から、タオさんはどうも夫の腕に乗りたそうにしていて、我々が心の準備が出来ていなくて大慌てです。
ここで関係をこじらせないように慎重にいきたいところです。写真は昨日、涌井さんの講座で教わったように、老後に備えてプラケースに入る訓練を始めたタオさんです。

強面のくせに粟が好き過ぎてすぐ釣れるのが微笑ましいです…。
上半分にも少しずつ慣らしていこうと思います。

老後に備えてプラケースに入る訓練を始めたタオさん
老後に備えてプラケースに入る訓練を始めたタオさん

遠方の里親希望者として、わたし達が優先したのは、どうしてもこの鳥が好き! という思いよりも、我が家の

環境に合っているかどうか? でした。
都会と違って、鳥専門医が近くにいないこと、そのかわり鳴き声は少々大きくても構わないこと、また現在

同居鳥もおらず家族も少なくて単調な環境であることを考慮すると、タオさんがいいように思いました。
タオさんがわたし達を嫌いでなければ、関係はゆっくり作ってゆけると思いました。嫌いでないかどうかを

確かめるために、とり村に何度かうかがいました。
同時に、そうじの仕方や大型鳥とのつきあい方を学ばせていただいたのは大きな収穫でした。

すてきな縁を結んで下さったTSUBASAの皆様、涙をのんで送り出して下さった元の飼い主様、

マイクロチップ挿入と長旅に耐えて来てくれたタオさんには、本当に感謝しています!

あと、初めてわたしにキエリボウシインコの可愛さを教えてくれたタロウちゃんの幸せも…

心から祈っております!