里親さんからのお手紙@霞桜ちゃん

霞改め 霞桜(かお)ちゃん@ブンチョウ

2021年12月にお迎え

 

お世話になっております
昨年、レスキュー文鳥103羽の子たちの中から、
霞ちゃんをお迎えさせて頂きました。
12/16にお迎えして半年が経ちました
お迎えの際の健康診断で見つかったマクロラブダスも、次の診察では無くなり、今では、先住文鳥さんと同時放鳥が叶っています
仲良くしてます、とご報告したいところですが、文鳥さんの気の強さから、後輩の霞ちゃんは何をするにも先輩たちに怒られ叱られています
それでも気の強さは負けてません
先輩たちのケージを乗っ取り、キャルキャルされても近寄っていくことをやめない程元気いっぱいです

名前は「霞」からとって、霞桜(かお)さん、と名付けました
歌うことはないので女の子のようです
飼い主である私に対してはまだ怖さが大きいですが、ケージの外にいても手から豆苗やシードを食べてくれるようになりました
へっぴり腰ではありますが、指をツンツンとつついみたり、ハミハミっとしてみることもあります
半年たってここまで来れたこと、霞桜さんが勇気出してくれてる事に感謝しています
もしかしたら、手に乗ってくれる日もくるかもしれない、と淡い期待を持ってしまっています

実は、しっかり食べてくれてはいますが(ペレット+シード)、体重19gと小さな身体です
1か月前辺りにようやく20gになりました
かかりつけ医からは元気なら小さくても大丈夫と言っていただき、これも個性と受け止め見守っています
この子と出会えたことに本当に感謝しています
まだ心の距離はありますので、地道に焦らず霞桜さんのペースを守って寄り添っていきたいと思っています
お迎え半年を迎え、不躾で申し訳ありませんが、近況報告をさせて頂きました
これからもよろしくお願いいたします