里親さんからのお手紙@梅太郎ちゃん

梅太郎ちゃん@オオバタン

2019年6月にお迎え

☆2019年12月にいただいたお手紙です☆

 

こんにちは。
梅太郎を我が家に迎えて半年が経過しました。

お迎え当時は「うめぇ〜〜〜」と、ビブラートを効かせた大声で部屋中を駆け回り、白色飼いの
私ですら音を上げそうな五月蝿さでしたが、6ヶ月経ち最近ではだいぶ落ち着いてきています。
ちろん相変わらずうるさいですが。(^^;
最初の頃はテーブルの下とか物陰に
潜んでばかりだった梅太郎、
最近では私がダイニングテーブルの椅子に座っていると、隣の椅子の背もたれに
登ってくるようになりました。

以前は床にいる時に手を出すと

逃げてましたが、今では寄ってきて

腕に乗ってくれたり、

私が移動するとあとをついてきたりします。

 

迎えた当初、梅太郎は夜泣きがひどかったです
(もちろん昼間もですが💦)

 

真夜中、みんなが寝静まっている深夜に
いきなり叫びだします。
お休みカバーをめくって撫でてあげたり、
30分ほど顔を見せて相手をしてやると
やっと安心してまた眠りについてくれます。

何か怖い夢を見たのか、
ふと、さみしくなるのか?
こんなことが毎晩行われていましたが、
それも最近では稀になってきました。

TSUBASAの施設にいた頃、夜中何度か
戻していたことがあったそうですが、
鳴き叫びすぎて戻してしまったのではないかと考えてます。
だって、私たちの寝室まで聞こえる大声で、延々叫び続けているんですよ。(ーー;)

 

 

 

最近梅太郎は恋をしています。
先住タイハクにご執心です。
最初逃げ回っていたタイハクも、

最近では羽繕いを許すようになりました。

梅太郎、今では我が家の一員として

とても楽しく暮らしています。
梅太郎と出会わせてくれたTSUBASAさんにはとても感謝しています。

 

 

梅太郎やうちの子たちをを見ていると思います。オウムやインコたちは本当に甘えん坊で、

人のそばでべたべたに甘やかされて生きている種なんだと。

だから、これからもTSUBASAさんの活動頑張って続けていってください。
長寿でうるさいこの子たちには、必ず飼えなくなるなどの問題が付いて回ると思います。

 

 

そんな時のために。この子たちが生涯幸せな家族に囲まれて暮らしていけるように。